【新型コロナウイルス感染症関連】濃厚接触者となった社会機能維持者の待機期間短縮について

2022/02/15

社会機能維持者の徳島県版定義づけ及び濃厚接触者となった場合の隔離解除基準がまとめられました。
濃厚接触者となった社会機能維持者が次の全てに該当する場合、5日目から待機解除が可能となります。
・業務への従事が事業の継続に必要であること。
・待機期間中、無症状であること。
・陽性者と最終接触した日の翌日から4日目と5日目の両日に当該社会機能維持者の所属する事業者(以下「事業者」という。)において実施した抗原定性検査(簡易検査キット)の結果が2回とも陰性であること。

徳島県においては、すべての事業に従事する方を「社会機能維持者」とし、個別のケースについては、各事業者が判断することとなります。

※「社会機能維持者」としての給食に関する文言としましては、「入院患者への食事提供」「施設入所者への食事提供」「育児サービス等」など具体的な記載があります。

 徳島県ホームページ
https://www.pref.tokushima.lg.jp/ippannokata/kenko/kansensho/7203986/